10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

『美の巨人たち』 サント・シャペル 

2006.06.18 (Sun)

 テレビ東京の 『美の巨人たち』 ・・・・・・・・・・ ☆
     私の好きなテレビ番組のひとつです。
     先週末(6/17)のテーマは、 
     “光の礼拝堂!サント・シャペルのステンドグラス” 

  数年前、結婚○○年記念で、パリに旅行した際に、訪れた事のある
  ステンドグラスが大変に美しい教会です。
  
  その旅行では、他にも幾つかの有名な教会をまわりましたが  ・・・ 、
  教会のステンドグラスの美しさだけでなく、その役割や持つ意味 ・・・
  という物を、この旅行によってリアルに感じとる事が出来ました。

  教会のステンドグラスというのは、単に装飾的なだけのものではなく、
  文字の読めない人々にも、キリスト生誕にまつわる話・・・即ち、聖書
  に書かれている様なことを、知らしめる為のものでもあったのですね。
   (キリスト教に詳しくない為、失礼があったらお許し下さい ・・・。)

  
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

23:56  |  aqua  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

ステンドグラスにはそういう意味もあるんですね
それは知りませんでした。
教会も行った事ないので一度くらいは行ってみたいものです。
こんな私がダヴィンチコードはしっかり見ました(笑)
umi |  2006.06.19(月) 01:06 | URL |  【編集】

ちょこっと お久しぶりかも

色とりどりのガラス…きっと光の効果も計算して作製されているんでしょうね。綺麗ですよね。
ステンドグラスにはそんな役割もあったのですね。
そういえば,ステンドグラスではないけれど,
聖堂のまわりの壁に,天地創造の様子や,キリストや聖母マリアの生い立ちを描いた絵が並んでいるのって,
けっこうあるような気がします。
ヤムヤム |  2006.06.19(月) 01:35 | URL |  【編集】

ステンドグラスにそのような役割があると私が知ったのは,
初めての英国旅行から戻った後でした。
私にとってステンドグラスは,なんか神秘的なイメージがあります。
実はまだ,英国旅行中に教会へ足を踏み入れた事がないんです。
入れないと言った方がいいかな・・・。畏れ多いというか,何というか・・・。小心者ですね(笑)
私はクリスチャンではありませんが,聖母マリア様の,あの表情をみていると
心がすっごく落ち着くんです・・・。話題ズレてすみません。
union-jack |  2006.06.19(月) 09:46 | URL |  【編集】

☆★☆ コメント ありがとうございます ☆★☆

v-259umiさんv-259

私も、それまで、しりませんでした。
教会の建物の構造や、建て方そのものも、神や天上を感じさせる為の、様々な工夫がされているようです。
キリスト教のことをっもっと知ると、西洋の文化や、芸術を、正しく理解できるのだろうな・・・と思います。
ダヴィンチコードも、まさに、そんな作品ですよね。
aqua |  2006.06.19(月) 10:31 | URL |  【編集】

☆★☆ コメント ありがとうございます ☆★☆

v-259ヤムヤムさんv-259

そうなんですよね♪
キリスト教とか、教会とかは、私たちにとっては、ちょっと遠い存在ですが、荘厳な教会の中に佇むと、信者ではなくとも、とても、胸に迫るものがあります。
私は、丁度日曜日に訪れた、マドレーヌ寺院で、パイプオルガンの演奏を聴き、目頭が熱くなるような感動を覚えました。
マドレーヌ寺院は、また違った建築様式なので、華やかなステンドグラス等は無いのですが、意図的に教会内を暗めに演出する事によって、天窓から差し込む『光』を、感じさせるような構造になっているようでした。
『光』は、天上と通ずるもの・・・という、純粋なもののようです。
そうなんですよね・・・。宗教を超えて、心に響くものってありますね。e-415e-420
aqua |  2006.06.19(月) 10:48 | URL |  【編集】

☆★☆ コメント ありがとうございます ☆★☆

v-259union-jackさんv-259

そうですね。私も同じです。
宗教を超えて、やはり慈愛に満ちたお姿というのは、人の心に染み入るものを持っているんでしょうねv-398e-266
union-jackさんは、度々イギリスに行かれているみたいですから、是非、オープンに観光客でもウェルカムe-267な教会に、立ち寄ってみたら如何でしょう??(大抵の所は、大丈夫でしょ?)
絶対、胸に迫る物があると思います。神聖な心持になれますよ~e-420
やはり、日本の教会とは、規模や歴史が違うので、そんなこと言ったら、不謹慎で申し訳ないかとも思いますが、せっかく英国等の、歴史と伝統のある教会に足を踏み入れるチャンスがあるのに、入ってみない手は、ありませんよ・・・e-415
私は、元々。パイプオルガンの演奏とか、ミサ曲とか好きな方だったのですが、こういった教会に魅了されて以来、もっとすきになりました・・・。(図書館でCD借りて、片っ端から、ダビングしちゃいました~e-266
aqua |  2006.06.19(月) 11:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jupiter2006.blog50.fc2.com/tb.php/128-5d8ca207

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |