01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お別れ・・・・・・。

2008.10.09 (Thu)

           

             10月6日(月) ・・・・・・ :・。*・*


          ジュピターは、読経に送られて、
          静かに お空に昇って行きました ・・・・・・ 。
      

             2008.10.6.13:30・・・〇〇院にて



More・・・

 






          東京郊外にあるその寺院にて、厳かに式次第
           執り行われました・・・。


           立ち会い葬・・・・・・・・・・。
            受付にて、手続きを済ませ、待合所でお茶等
            頂きながら、呼ばれるのを待ちます。
            順番が来ると、僧侶が丁寧に迎えに来てくだ
            さりました。




           最後のお別れ・・・。

           棺に眠るジュピ。
           お気に入りのブランケットを掛け、ぴーママさん
           お手製のニャンコピローに頭を乗せて静かに横
           たわるジュピターでした。

           一緒に入れてやっても良いとされている素材の
           数点のオモチャと、もうずっと食べられなかった
           ドライフードや、ドライササミを少しづつ可愛くラッ
           ピングしてリボンで閉じてある小さな包みを幾つ
           か持たしてやりました・・・。

           ブランケットをそっとめくって、そ~っと・そ~っと
           何度も何度も体を撫でてやりました・・・。

           毛並みの美しい子でした・・・。
           病気でやつれましたが、柔らかなその手触りは
           やはりジュピターのそれでした・・・。
           可愛い可愛い、大好きなジュピターでした。
           10月1日までの入院中、病院で体をとても奇麗に
           してくれていたので、その毛の手触りはシャンプー
           したての頃のそれでした・・・。

           何度も撫でていると、自分の手のぬくもりが、ジュ
           ピの体のぬくもりのように感じられ、普通に寝てい
           るだけのように思えてきて、名残がつきませんでし
           した・・・・・・・・・・。さよなら、ジュピターの亡骸・・・。

          

           荼毘・・・・・・・・・・。

           ジュピター。ジュピター・・・!ジュピター・・・・!!!

           最後に、もう一度丁寧にブランケットをそ~っと掛け
           てやりました。
           そっと頭を撫でてやりました。最後に頬の横を手の
           甲でなぞってやりました。

           静かに待っていて下さった係の方に、一礼し蓋を閉
           じて頂きました。
           僧侶も、静かに時間を待って下さっていました・・・。

           では、合掌を・・・とうながされ、合掌・・・。

           そのホールの両サイドの壁には、火葬の炉の扉が
           が各4つ程並んでいたでしょうか。
           正面には、仏像も祭られた祭壇が設えられています。

           左手一番前の、扉の上置かれたお位牌に“〇〇家愛
           猫ジュピター号霊位”と書かれたお札が貼られていま
           した。

           ジュピターの棺は、係の方にストレッチャーごとその前
           まで運ばれて、その扉の中に納められました・・・・・・。
           係員の方は、一礼すると奥の扉に消えて行き、同時に
           僧侶の読経が始まりました。

           やがて、炉に火が入る音がしました。そのホールに響
           き渡る僧侶の読経の大きな声と、その火の音に、ずっ
           と止まることのない涙が、MAXになりました・・・・・・。

           お経を上げて頂き、お焼香をし。火葬が終了する迄の
           時間は、又待合所で、待ち。約1時間後、とても丁寧に
           奇麗に扱って頂いたジュピのお骨を主人と二人で骨壷
           に納め、最後に、又、僧侶に導かれて今度は本殿にて
           しっかりお経を上げて頂き、全てが終了いたしました。


           今、ジュピターは、お骨になって我家におります。
           大好きだったタワー中段のハウスの中に、心地良さそ
           うに、私たちを見下ろしながら過ごしております*・。*・;*・








   ****** ジュピターが、逝ってしまった直後は、それまでの闘病が壮絶だった
       為、たとえ亡骸であっても穏やかに静かに横たわれているジュピターの
       姿に、悲しみよりも癒しさえ感じられるような思いでした・・・。
       でも、少し気持ちが落ち着き始め、昨日辺りからが、ジワリジワリと悲し
       く、淋しくなって来ています・・・・・・。
       
       お友達様が、お寄せくださったコメントにとても心救われています・・・。
       ありがとうございます・・・。
       申し訳ありませんが、しばらくお返事ご容赦ねがいます、ごめんなさい。






       昨日朝、家族が順に出掛けていってしまった後、たまらなく虚無感にお
       そわれていました・・・。
       そんな折に・・・、とても奇麗なお花が、続けて届けられました・・・。
       すっかり落ち込んでしまいそうになっていた心に、優しい元気を頂きまし
       た・・・。
       落ち込んでばかりいてはいけないと♪・・・ちょっと前向きな温かい涙がこ
       ぼれました。

           ・・・・・・ぴーママさん、・・・ありがとうございます。
           ・・・・・・baraiさん・・・、ありがとうございます・・・・。

           恐縮しつつ、とても・とても嬉しかったです・・・・・。
           写真に撮っておいて、いつかこのアレンジメントを
           パターンに起こして、トールペイントの作品にして
           残させて頂こうかなぁ~♪・・・なんていう気持ちに
           なりました・・・。
           5月以降、トールペイントの筆も・・・持っていません
           でした。(そうそうfranさんに差し上げるつもりで描き
           始めていた作品も、そのままになっています、ごめ
           んなさい・・・。)















20060316163214.gif 

       
 
         
           
           

           
           
スポンサーサイト

テーマ : メインクーン大好き - ジャンル : ペット

11:07  |  jupiter  |  Trackback(0)  |  Comment(11)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.10.09(木) 18:50 |  |  【編集】

たくさんの幸せ、ありがとう!

ジュピちゃん、旅立っていったんですね。
aquaさんたちに見送ってもらえて、安心して旅立てたんじゃないかな。

毛並みもきれいに、
片手におべんとの包み、
もう片手におもちゃを持って、
毛布のマントに仏頂面で、
毛をたなびかせて颯爽と

『ジャ、イッテクル!シンパイイラナイヨ~!』

なんて、きっと言ってますよ。
でもジュピちゃん、枕が変わると寝れないんだね、きっと^^

虹の橋でも、盛大な出迎えが待ってるよ、ジュピちゃん!

--------
振り返ればそこにいる幸せ。
でも、そこにいなくても、たくさんの幸せをみんなに残してくれました。

ふかふかの毛皮には触れないけれど、
あたたかい心にはいつでも触れることができるから。

ぽっかりと空いた心は、
ジュピちゃんの思い出で少しずつ埋まっていきます。

aquaさん、少しずつでいいです。
いつか元気になったら、
ジュピちゃんの思い出、たくさん教えてくださいね!

『ボク、イイコダッタノカナァ~???』

なんてジュピちゃんに言われないよう、
こ~~んなにいい子だったんだよって、
たくさんたくさん教えてくださいね!

------
なんかまだ、ブログでジュピちゃんがひょっこり出てきそうです。
日一日と、やっぱり現実なんだなと受け止めつつ、
ふと考えると泣きそうになってしまいます。

でも!
愛らしいジュピちゃん、たくさん覚えてます♪

闘病中は必死だった分、意外と苦しさは忘れてしまいます。
そのうち、楽しかったことばかりが思い出されてきます。
そうなれば、ジュピちゃんも喜んでくれますよ、きっと。

今はたくさんの感情を我慢せず、
心は時間にゆだねましょう。

なんか取り留めなくなったけど、
ジュピちゃんはたくさんの絆も作ってくれました。
またいつか、元気なaquaさんに出会えるとうれしいです。

しばらくはゆっくり休んでくださいね

ジュピちゃんの分まで、モカに頑張ってもらうから、
会いたくなったら、言って下さいね♪

たくさんの幸せ、ありがとう!
らい |  2008.10.09(木) 20:43 | URL |  【編集】

こんばんは。
お久しぶりです。
以前もレオっちさんの所から寄せていただいた者です。

ジュピターくん頑張ったんですね。
きっと今は自由になって虹の橋で元気に遊んでますよ。
私も2年前に愛猫を亡くしとても辛い思いをしましたけど
今ではいろんな楽しい思い出などを笑って話せるようになりました。
aquaさんも今は辛いでしょうけどきっといつかは笑って話せるようになれると思います。
辛いでしょうけど今はゆっくり本当にゆっくり心のままに過ごしてくださいね。
miki |  2008.10.10(金) 01:07 | URL |  【編集】

aquaさん、こんにちは。
文章読んでて、ジュピタ-ちゃんの立会い葬が目に浮かんでくるようでした、ジュピターちゃん、毛並みはいつも通りだったんですね。
aquaさんや、ご家族の方が、ジュピーターちゃんにどれだけ愛情を注がれていたか、ジュピターちゃんの存在ががどれだけ大きかったの読んでいて強く伝わってきました、でも、悲しんでいても、ジュピターちゃんは、虹の橋に痛み辛さがなくなって、逝く事が出来るのが唯一の救いだと思います、以前魂は永遠と言いましたが、今ジュピターちゃんが亡くなってしまっても、また、猫ちゃんに生まれ変わって、どんな形で出会うことになるかわかりませんが、aquaさんの前か、ご家族の方の前にヒョコンと、表れる可能性もあります、その時はきっと直感でこの子はってわかると思います、この人生の中で出会わなくても、また次、aquaさんが生まれ変わる時、ジュピターちゃんと出会ってまた家族の一員になることも充分ありえると思います、その為にaquaさん、ご家族の方、虹の橋にいるジュピターちゃんに心配かけないように、元気にしてあげてくださいね、aquaさんや、ご家族の方が、ジュピターちゃんのことを、ふっと思い出したとき、ジュピターちゃんは近くにいると思いますので、声をかけてあげてくださいね、きっと、居心地のよかった家に、肉体はないですが、魂としてちゃんと居てくれてると思います。
マイキー |  2008.10.10(金) 10:24 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.10.10(金) 13:07 |  |  【編集】

亡くなられた記事から、今日のお別れまで

何度も何度も読ませていただきましたが、とてもコメントを書ける気持ちでなくて、ごめんねaquaさん。

私にとっては、猫を飼いはじめてから初めてのニャン友だし、
ジュピくんはバロンと、いとこ?はとこかな?だし。
もう様々な思いがこみ上げてきて・・・・・。
言葉にならないの。

慰めの言葉も見つからなくて・・・・自分が泣いてどうするんだ!
ジュピくんにつっこまれそうだね。

また、ゆっくりお話したいけど、
aquaさんにお願いがあるの。
このブログ、閉じないでね。
形を変えてでもいいし、aquaさんのつぶやきでもいい。
続けて欲しいの。

ここにきたら、またジュピくんに会えるから。


fran |  2008.10.10(金) 14:34 | URL |  【編集】

こんばんは
拝見していて
私も一緒にジュピちゃんの立ち会い葬に
出席させていただいたような気持ちになりました。
ジュピちゃん、ゆっくり休んでね。
そしてママをずっと見守っていてあげてください
うまれてきてくれてありがとう
umi |  2008.10.10(金) 21:07 | URL |  【編集】

昨日、記事を読ませていただいたんだけど、
なんて書いていいのか言葉が見つからず、そのまま読み逃げしてしまいました。(゚人゚)(-人-)ゴメンネ

まるで、aquaさんと一緒にジュピさんを見送っているような気持ちになって、泣けて泣けて・・・
ジュピさんと一緒に必死で闘ってきて、全ての苦しみから解放されて安らかなジュピさんを見送った後に襲ってくる悲しみに、必死に耐えているaquaさんを思うと、なんて声を掛けて良いのか・・・
aquaさんの気持ちもすっごい理解できてしまうから・・・
どんなにaquaさんを励まそうとも、襲ってくる苦しみから立ち直るのはaquaさん自身です。
でも、皆aquaさんに元気になって欲しいと願っています。
今はまだ無理でしょうけど、どうか、いつかジュピさんを静かに暖かく思い出せる日が来ますように。
Chikaぽん |  2008.10.10(金) 22:28 | URL |  【編集】

励ましの言葉より先に自分が泣いてしまいました。こんなんじゃaquaさんの助けにも何もならないんですけど、aquaさんのブログを通してジュピちゃんに出会えたことってもうれしかったです。あれだけ頑張って生きてくれたのだから、今はジュピちゃん一息ついているところでしょうね。
aquaさん、頑張ってね。時間がかかるかもしれないけど、私やたくさんのブログ友達もaquaさんのこと思ってるからね。ジュピちゃんも、ママあまり悲しまないでって言ってるからね。
empiK |  2008.10.10(金) 22:29 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.10.10(金) 23:09 |  |  【編集】

何度も何度も読み返しました。
その度に涙が溢れてとまりません。

ジュピター君、頑張ったんだね。
苦しかったろうね。
でも、君はみんなの永遠の英雄だよ。
偉かったね。

ママもパパもにぃにも、そして君を知ってるみーんなが「いい子だった」って言ってるよ。
聞こえてる?
君の凛々しさは永遠だよ。
ママに甘える君のしぐさは、家族みんなの永遠の思い出だよ。
そう、宝物だったんだよ。・・・君は。

天国で安らかに・・・。
大好きなおもちゃでいっぱい、いっぱい遊んでね。

aquaさん。
言葉がありません。

胸が一杯で・・・。

まだ涙が止まりません。
SATyan |  2008.10.11(土) 00:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jupiter2006.blog50.fc2.com/tb.php/637-cd3e94c8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。